自分の範囲。

よく、患者さんから「先生は、肩が痛くても、自分で鍼を打って治せるから、いいですね~。」と、言われる事があります。

「鍼」を打つときに、

僕は右利きなので、右手に親指と人差し指で鍼を挟むように持ちます。 

左手は「押し手」といって、親指と人指し指で丸い輪を作り、残り3本の指は伸ばして広げ、鍼を打つ場所を固定させます。

左手の親指と人差し指の真下に「ツボ」があり、右手の鍼で そこを狙って刺していきます。

このように、「鍼」を打つには、両手を使います。 

なので、自分の肩や肘や手首が痛くても 片手では打てないのです。

「自分がもう1人いたなら、全身治療をしてもらうのになぁ~。」と。最近、本気で考えてしまいます。 


ページの先頭に戻る